お知らせ
お知らせ
作成日:2022/02/28
【ご確認ください】道路交通法施行規則の一部が改正されます



2021年11月、「道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令」が公布されました。安全運転管理者の業務としてアルコール検知器での検査を定めるなど改正点をご確認ください。2022年4月、10月にそれぞれ改正されます。
 
乗用車5台以上または乗車定員が11人以上の自動車を1台使用する事業所ごとに選任する必要のある安全運転管理者の業務として、従来より道路交通法施行規則の中で、飲酒等により正常な運転ができないおそれの有無を確認する必要がありましたが、その確認方法は定められておりませんでした。
 
●2022年4月より改正
運転しようとする運転者及び運転を終了した運転者に対し、酒気帯びの有無について、当該運転者の状態を目視等で確認すること。さらに、その確認の内容を記録し、及びその記録を一年間保存すること。
 
●2022年10月より改正
運転しようとする運転者及び運転を終了した運転者に対し、酒気帯びの有無について、当該運転者の状態を目視等で確認するほか、アルコール検知器を用いて確認を行うこと。その確認の内容を記録し、及びその記録を一年間保存し、並びにアルコール検知器を常時有効に保持すること。
 
乗用車5台以上または乗車定員が11人以上の自動車を1台使用する事業所様は詳細をご確認ください。
 
警察庁 安全運転管理者の業務の拡充リーフレット
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/insyu/img/ankanleaflet.pdf

 
お問合せ
大砂行政労務事務所
〒671-2525
宍粟市山崎町神谷399-7
TEL:0790-62-1772
FAX:0790-62-5843

 LINE公式アカウントにて
 情報配信中!
   友だち追加
 
 

menu

事務所案内

サービス案内

セミナー情報

料金表

採用情報

お問い合せ

マイコモンログインページへ


左メニュー用ロゴ

建設業許可特別サイト
はりま建設業許可センター

経営事項審査特別サイト

グループ会社
人材派遣・人材コンサルティング

アシストサイド画像


個人情報保護事務所

SRPサイド画像弊所はSRP認証U認証事務所として、マイナンバーを含めた個人情報等について適切な安全管理措置を講じている事務所であると全国社会保険労務士会連 合会より認定を受けています